クラリネットとトロンボーンに新しい団員が

年末の忙しい時期、寒い時期、皆様、ご苦労様です。

最近、かかとが激痛に襲われまして、仕事を休むわけにはいきませんので、激痛に耐えながら仕事をしてました。その激痛が起こったのは、前回、12月8日に岡吹の練習に参加した翌日の日曜日からでした。12月9日が夜勤で、翌日10日に整形外科に行って受診したら、いろいろ検査受けて、炎症がいっぱい起こっているとのことで、おそらく痛風ではなかろうかということで、ロキソンニン、ロキソニンテープ、胃薬を貰いました。それから一週間が、大変でした。休みの日は、ずっと寝て過ごしたし、仕事に出ては、激痛に耐え忍んで仕事してました。その激痛から開放されたのが、12月15日の朝、やっと、まともに歩けるようになりました。風呂に入って温めたら、かなり痛みが軽減されるので、ロキソニンテープよりも、温湿布の方が良いかなと思って、きゅうれいこん、薬局に売ってないか聞いたら売ってなくて、速治膏なる卵の白身で溶く塗り薬を買って塗りました。きゅうれいこんは、ネットで5箱注文しました。18900円くらい。痛い。12月15日、岡吹の練習行く前に、温泉行って、身体を温めようと考えて、湯郷鷺の湯温泉館に向かっていました。すると道中、大芦高原温泉雲海と看板があっちこっちあって、一度は行ってみようと思って、湯郷は辞めて、大芦高原温泉に行きました。宿泊もできるし、休憩室もあるし、宴会場もあるし、合宿も出来る感じでした。湯郷鷺の湯温泉館よりも、自分は良いなと思いました。是非、興味あったら、一度、行ってみてください。レストランで食べたざる蕎麦は、絶品でした。ただスタッフの年齢層は、高いです。若い人は見当たらなかったです。

 

さて、前置きが長くなりましたが、昨日、12月15日の練習では、前回見学に参加されていたクラリネットとトロンボーンの人が、入団されました。仲間がどんどん増えて、盛り上がっていけば良いなと思います。演奏会の後に新しい団員が増えるのは、それだけ演奏会が良かったと評価されている部分もあるので、どんどん岡吹も、まだまだ成長していける楽団であると思います。自分の殻、固定観念にこだわらずに、自分自身にチャレンジして、どんどん自分自身も成長していけたら良いなと思います。今が大事ですね。今の活動、今の練習を楽しみ、大切にして、周囲の音を良く聞いて、音程を合わせるだけでなく、メロディもしっかり聞いて、バランスを考えた演奏。まだまだ、始まったばかりなので、自分の楽譜だけで必死な状態です。これから、次の定期演奏会2019年12月1日までに、どこまで盛り上がれるか、より良い演奏に仕上げていけるか、また、日々、楽しく練習に参加できるかが、大切だと思います。今日の練習が楽しければ、きっと明日の練習も楽しいと思います。有難いことに岡吹に入団してから、楽しくなかった合奏は、一度もなかったです。毎回、とにかく楽しいです。すごく貴重なことだと思います。ただ、何が起こるか分からないのが現実なので、明日は、どうなるか分かりませんが。次回の定期演奏会までに、なるべく早期にテンションあげて、出来るなら、個人練習も頑張り、先般の定期演奏会よりも更に良い演奏会になれば良いなと思います。

正式名称 岡山吹奏楽団

    (おかやますいそうがくだん)

通称  おかすい

設立  1976年11月

    故新田厚氏を中心に結成

団員数  正団員 35名

     準団員 2名

指揮・指導  吉市幹雄先生

練習場所  〒703-8282

      岡山県岡山市中区平井2丁目

      2572

      成徳学校 米山会館ホール

練習時間  毎週土曜日 夜7時~9時

第42回定期演奏会

日時:令和元年 12月1日(

会場:岡山市民文化ホール

開場:13時20分

開演:14時00分

チケット:700円(小学生以下は無料)

 

 

駐車場がないので、自家用車での乗り入れはご遠慮下さい。

最寄は、路面電車の小橋駅になります。